Willis & Geiger G-8 Goat Leather Open Cockpit Flight Jacket 42 Made in USA Mint

Willis & Geiger G-8 Goat Leather Open Cockpit Flight Jacket 42 Made in USA Mint ウィリス アンド ガイガー G8 ゴートレザー オープンコックピット フライトジャケット ブラウン 米国製 ビンテージ オリジナル ミントコンディション のご紹介です。
米国にてベンウィルスとハワードガイガーにより発足したガーメントメーカー、当初は軍への飛行服の供給等も展開、そのラインアップはどの製品においてもハイクオリティな仕上がりを維持し、機能性を追求することにより落とし込まれるデザインやマテリアルはが高い評価がなされてきました。
本品のG-8は、かつてのアメリカ軍USNのコットン製サマーフライトジャケットをベースとしてゴートレザーである山羊革にて製造したコックピットフライトジャケット、同社らしい選択として大変高品位のゴートレザーが採用されており、しなやかで堅牢な質感に、各部のデザインが詰め込まれたモデルです。
フロントはオールドScovillワイヤーブラスジップ、そしてやや下部から付くウィンドフラップ、その内側には錨と米国の国鳥である鷲のモチーフデザインによるガーメントエンブレムが印字され、ポケットは左右にボタンフラップ仕様、袖付けはセットインで、肘にはダイヤ型エルボーパッドが幅広く覆い、脇部にはベンチレーションホール、袖先は同じくScovillブラスジップとホーンボタンカフのコンビ仕様、バックは腰部にサイドアジャスターベルトがつくなど、このジャケットのアイデンティティを表すディテールが揃っています。
ゴートレザーは落ち着いたダーク系のブラウンカラー、ゴートらしい独特の銀面のシボが適度な艶とともに陰影を深めており、当時の最も良質で堅牢な山羊革が使用されています。
タグは当時オリジナルのブラックベースのオールドタグ、サイズ表記や生産表記にMADE IN USAの記載が確認できます。
状態は、経年の軽度な使用と主には保管による微細なレザーの表面的な擦れや小さな傷、シワこそみられますが、画像からご覧いただけるようにレザーの状態はもちろん、インナー全体も非常に良好で、各部の縫製はじめジッパー類、そしてホーンボタン等の細かなコンディションも大変良く、痛みやすい襟周りやカフス周りから裾周りもクリーンなミントなトップコンディションの極めて貴重な一着です。
サイズ表記は42、ご参考迄に実寸は、着丈約64cm、袖丈約60cm、肩幅約47cm、身幅約58cmです。
Willis & Geigerの紛うことなき名作フライトジャケット G-8、堅牢で重厚なゴートレザーによる当時オリジナルのミントコンディションな一着です、タウンは勿論のことライディングシーンでもスタイルに落とし込みやすい一着です、是非ご検討ください。

SOLD

商品カテゴリー: ,
error: Content is protected