Featherweight Champion Grip All Angle Rod Handle Early Silver Cork Short

Featherweight Champion Grip All Angle Rod Handle Early Silver Cork Short フェザーウェイト チャンピオングリップ ロッドハンドル オールアングル シルバーフィニッシュ コルク ショートハンドル 初期モデル ビンテージ のご紹介です。
アメリカはカリフォルニア州のグレンデールを拠点としたフェザーウェイト社は主に独立型のロッドハンドルで名を馳せたメーカー、多くのハンドルデザインを展開し支持を得ました。
本品はチャンピオングリップと名付けられたアルミベースで製造されたベイトキャスティングリール用のロッドハンドルで、ナットによりしっかりとベイトリールのフットを固定できます。
またロッドを固定する際にはその専用フェルールを独自のスクリューチャック内部のスリーコレットジョーと呼ばれる3爪の機構でホールドする特長を持ち、当時パテントを取得しました。
本品はフェザーウェイト社がチャンピオングリップとしてリリースした初期の特徴を色濃く持つモデルで後年はブランクがブラックフィニッッシュになりますが、まだアルミの素地シルバーの地金の仕様をもつ、大変稀少なオールアングルアーリーモデルです。
オールアングルモデルはハンドルとリールシートブランクの接合箇所で斜めの接合機構を持ち、その機構を回転させ任意の角度にハンドルの向きを変更することができる特異な同社らしいアイデアに溢れたグリップ、この機構により各自の手首のキャスティングフォームに合わせた設定が容易に可能です。
ハンドルブランクはリールシートのトリガー位置もスライドが可能故より調節が効き、さらには初期特有の機能的な肉抜きのシェイプデザインが非常に良い特徴となっており、同時に大変軽量なブランクとなっています。
あらゆる当時のオールドベイトキャスティングリールをセットでき、ABUアンバサダーをはじめ、フルーガー、シャイクスピア等の幅広いリールで使用出来るオールドタックルグリップの代表格でありコレクタブルなクラシカルグリップとなっています。
状態はリールシートブランクのアルミニウムの表面的な擦れや傷、軽い腐食等やコルクの軽い目抜けや摩耗、汚れ等の若干の使用感はありますが、トータルでコレットジョーはじめ、コレットジョー機構やアングル機構も良好でこの初期モデルのオールアングルとしては非常に貴重なグッドコンディション相当の保管状態です。
ご参考迄に全長約25.5cm重量は約143gとなります。
極めて貴重なチャンピオン オールアングル 初期ショートシルバーモデル、軽量でコンパクトで、トップウォーターバッシングはもちろん、渓流ルアーのトラウトゲームにもおすすめです、コレクションにも、是非ご検討ください。

SOLD

商品カテゴリー: , ,
error: Content is protected