Orvis CFO III Screw Back Early Inverted Logo Fly Fishing Reel With Leather Case

Orvis CFO III Screw Back Early Inverted Logo Fly Fishing Reel With Leather Case オービス シーエフオー CFO3 フライリール スクリューバック マイナスねじ 逆ロゴエングレーブ オリジナルスエードレザーケース オリジナル 極初期モデル のご紹介です。
Orvisは1856年 アメリカはバーモントにてチャールズ F オービスによって発足、リールをはじめロッドや周辺のギアやウェアにいたるまで、コストをかけた質の高い製品を生み出した伝統あるフィッシングタックルメーカーです。
今回ご紹介するのは同社創業者のCharles Frederick Orvisの頭文字をもつモデル名となったCFOとしては、極めて初期の1970年代前半期のみリリースされたロゴスクリプトが180度回転したエングレーブフェイスを持つCFO3、ロゴ刻印のタイプフェイスも後年と比較して一回り大きく、ビッグフォントの意匠デザインもその特徴です。
この初期年代のCFOはセンター軸固定方法がアルミのマイナスネジの通称スクリューバックとなってり、この仕様も初期CFOを象徴するディテールとなっています。
この時代は英国の名門Hardy Bros 製OEMによる伝統的な鋳造成型モデル、後にCFO3はラインガードがつきますがこの初期時代はガード無しでよりシンプル且つ軽量な設計となっていました。
リールのキャパシティは渓流サイズ(#4〜#5ライン)として合う一般的な非常に汎用性の高いスペックで全世界で愛用されるモデルです。
状態は若干の本体のエッジやラインの擦れ等による部分的な摩耗やペイントロスなどの軽度な使用感こそありますが、トータルとしても顔である腐食して消えやすいエングレーブのロゴ周りも非常に鮮明で、ハンドルはじめ、フット、スプール、ラッチ周りも目立つダメージも無く大変クリーン、マイナスネジもナメ等無く非常に良い顔を保ったこの貴重な初期物としては極めて良好なコンディションを保った一台となっています。
動作においても回転もスムーズで軸のブレ等無くしっかりと動作しており、使用においても全く問題ありません。すぐに実釣でご使用いただけます。
ラインガードが無いため内部ラッチの設定で右巻き、左巻きにも手軽に変更が可能なモデル。付属のケースは軽度な擦れ汚れこそありますがジッパーも完動の良好なオリジナルスエードレザータイプが付属いたします。
CFOリールはバンブーをはじめ、グラス、グラファイトまで様々なロッドに合いやすく、汎用性の高いデザイン性が魅力です。
極めて初期となるOrvis CFO3、まだロゴレタードが大きく位置が逆となっていた極めて貴重なCFOシリーズの発端的な一台です、状態もこの初期物で特筆すべきコンディション、実釣は勿論ですがコレクションとしてもおすすめ致します、是非ご検討ください。

SOLD

商品カテゴリー: , ,
error: Content is protected