Fye・Richardson Chest Fly Box

Fye・Richardson Chest Fly Box(フィ ・ リチャードソン チェスト フライボックス)2段 ライトモデルリチャードソン初期 当時オリジナル品 のご紹介です。
Fye チェストボックス、後のリチャードソン チェストフライボックスは、50年代にRonald Fyeがその母体を創業、その後同社を広めることとなるRex Richardson当人によりストラップによって胸元で固定するフライボックスとして特許申請後販売してきました。
本品のフライボックスのほとんどは、個別のオーダーにより手作りで加工制作され、色、コンパートメント、質感、オプション等、その仕様は様々な個体の組み合わせが現存することで垣間みれます。
このフライボックスは今でもトラディショナルな道具として様々なフライフィッシャーに愛用されてきたフライフィッシングの歴史の一部とも言え、過去において政治上の要人をはじめ、あらゆる著名なフライフィッシャーに支持されてきたことで知られています。
本個体はクレジット刻印から前身のFye時代のおそらく50〜60年代にて制作された初期チェストフライボックスで後年リチャードソンの手がけた同ボックスでは様々な塗装法やオプションを用意し支持を確立しました。
このボックスは数の少ない2段のコンパートメントのライトウェイトモデルで、一段はドライフライ用の大小の仕切り仕様でその底部にアルミ地金にプレゼンテーションおよび同工房の拠点銘版クレジット刻印、もう一段はフリースペースとしてフライ以外の用品も収納が出来る最低限の仕様となっています。
適宜清掃した上で化粧直しを施しメンテンス済、開閉もスムーズで機構も問題有りません。コットンストラップは後年のブラックカラーが付属しています。
状態は経年の使用にともなうボックス躯体のアルミ表面やエッジ、パーツの細かな擦り傷、金属表面のなれ、くすみ、ストラップ等のベルトの若干の色褪せ、癖つきがありますが、トータルでは画像のとおり、非常に良好なビンテージコンディションを保っています。
ボックスサイズは横幅約15cm、縦約12.5cm、奥行約6.5cmです。なお画像のトルソーおよび、トルソーが着用しているシャツは付属いたしません。
クラシカル且つ実用的でもある初期チェストフライボックスの銘品、極めて稀少な2段仕様でミニマムに扱えます、是非ご検討ください。

SOLD

商品カテゴリー: ,
error: Content is protected